おきなわ 春の食卓

海は輝きを増し、野山では新緑がまぶしい季節。 ひと足先に春を迎えた沖縄では野菜や果物などが勢揃い。そんなフレッシュな食材を活かした料理の数々は地元ならではの格別な味わい。旬のごちそうをたっぷり味わってみませんか。

地のもの、自家製にこだわるカフェレストラン&宿

プチプチと口の中で弾ける食感が楽しい海ぶどう丼

「海辺のオーベルジュかぬたん」は、一組限定の宿泊施設を備えたカフェレストラン。目の前に広がる海を眺めながら自家菜園で収穫した旬の島野菜や、地のものにこだわった創作メニューが楽しめます。人気の海ぶどう丼は、毎朝、採れたての海ぶどうと本部漁港で仕入れたマグロやカツオなどを使った鮮度抜群の一品。ほかにも自家製麺で作った野菜たっぷりの坦々沖縄そばや、薄く伸ばしたそば生地をカリッと焼いて島バナナの餡と生キャラメルをサンドしたスイーツなど楽しいオリジナルメニューがずらり。地元食材の新感覚の美味しさが味わえます。
海辺のオーベルジュかぬたん
住所/沖縄県本部町具志堅632-1
電話/0980-48-4771  休み/木曜(ハイシーズンは営業)
営業時間/11:30~17:00(LO16:00)
  • 白を基調にした店。テラスでも食事が楽しめます。

  • 畑仕事もするというオーナーの神谷さん(右)とスタッフの皆さん

おばぁの家に行ったような懐かしい味わいが楽しめます。

塩漬けとは、ひと味ちがう美味しさが楽しめる島らっきょうの天ぷら

国際通りの真ん中あたりに位置する海音は、おばぁが作った沖縄料理と島唄のライブが楽しめる店。料理自慢のおばぁが作るのは、ゴーヤーやナーベーラー、パパイヤなどの島野菜を使ったチャンプルーやイリチーをはじめとする昔ながらの家庭料理で、素朴な味わいが評判です。おつまみにもぴったりな島らっきょうの天ぷらはホクッとほんのり甘味のあり、旬を感じさせる美味しさ。ほかにも生マグロやイラブチャー、車海老などの県産魚や県産のブランド豚を使ったメニューが豊富で、島唄の舞台と美味しいウチナー料理で沖縄を満喫できます。
島唄ライブおばぁの家 海音
住所/那覇市牧志1-3-58
電話/098-868-4388   休み/年中無休
営業時間/17:00~23:30(フードLO22:00・ドリンクLO23:00)
  • 本格的な舞台が楽しめる広々とした店内。

  • 厨房で腕を振るうおばぁと孫のようなスタッフ

熱々の鍋とひんやりスイーツが楽しめる新スタイルカフェ

沖縄食材がたっぷり入った「やんばるアグー豚のみぞれ鍋」

2015年にオープンした繁蔵は、鹿児島名物の白くまや県産の完熟マンゴーを使ったかき氷などの冷たいスイーツと、アグーのしゃぶしゃぶや鍋などが楽しめる話題の店です。地元の人にも観光客にも人気の繁蔵の春先のおすすめは、沖縄が誇るブランド豚アグーとたっぷりの野菜に大根おろしを入れて仕上げる「やんばるアグー豚のみぞれ鍋」。ヘルシーで上品な味わいは食べ飽きない美味しさで、女性にも大人気。また、ランチにはアグー豚・やんばる鶏を使ったお得なコース料理もあり、地元の美味をたっぷり楽しめます。もちろんスイーツを味わうこともお忘れなく。
繁蔵
住所/那覇市牧志3-11-1グランビル2F
電話/098-867-2725   休み/不定休
営業時間/11:30~22:00(LO21:00)
  • ビーチをイメージしたという明るい雰囲気の店内

  • 鍋とかき氷づくりで 忙しいスタッフの皆さん

パインを見て食べてトロピカルな時間を楽しもう

旅の思い出に挑戦する人が多いというビッグパイナップルパフェ。

ナゴパイナップルパークは、パイン畑やトロピカルガーデン広がる園内散策とパインをたっぷり使ったワインやオリジナルスイーツなどが楽しめるテーマパーク。そんな賑やかな園内にあるレストラン・パームツリーで大人気を誇るのがビッグパイナップルパフェです。高さ37cmのパフェには生パインやパインアイスがたっぷり入っていてシェアして食べるのがおすすめ。さらにショッピングゾーンでは、生パインをふんだんに使って焼き上げた果肉入りカステラやパイナップルパイなどが揃い、県産パインを心ゆくまで楽しめます。
ナゴパイナップルパーク
住所/名護市為又1195
電話/0980-53-3659   休み/無休
営業時間/9:00~18:00
入園料/大人(高校生以上)850円・中学生600円・小学生450円
  • 1年中たくさんの観光客が訪れるナゴパイナップルパーク。

  • 「園内でパイン三昧を楽しんで」とスタッフのお二人。

このページが気に入ったら
いいね!してね