まるかじり沖縄

沖縄料理のなかでもポピュラーな沖縄そばとチャンプルー。沖縄そばは各地に専門店も多く、ランキング本が出るほどの人気ぶり。一方、チャンプルーは沖縄の食卓に毎日のように登場する家庭料理の定番でありながら食堂でも安定した人気を誇る料理。どちらもウチナーンチュの食生活に欠かせない県民食です。

沖縄そば

独自の歴史と文化が育んだ沖縄そば
シンプルで深い味わいが人気です。

そばといっても一切そば粉は使っていない小麦粉100%の麺で作った沖縄そば。そのルーツは中国の麺料理だといわれ、琉球王朝時代に宮廷で食されたことが始まり。時代を経て庶民へと伝わり、現在の沖縄そばの原型が出来上がったといわれています。 小麦粉と塩、かん水で打った麺に、豚骨とカツオ節を用いたダシのスープで作られる沖縄そばは、トッピングに甘辛く煮付けた三枚肉、かまぼこ、紅しょうが、ねぎを合わせるのがベーシックなスタイル。ほかに一番人気のソーキそばなど、店ならではの工夫を凝らしたさまざまな沖縄そばが楽しめます。

トッピングで美味しさ広がる沖縄そば。いろいろトライしてみてはいかが

  • ソーキそば

    甘辛く煮付けたソーキ(スペアリブ)をのせたメニュー。軟骨ソーキも人気です。

  • てびちそば

    コラーゲンたっぷりの柔らかなてびち(豚足)をのせた、女性にもおすすめの一品。

  • ゆし豆腐そば

    ゆし豆腐と呼ばれる固める前の豆腐をのせた最近のヒット作。やさしい味わいが評判です。

チャンプルー

豆腐と野菜中心の栄養バランスに優れた
沖縄のおふくろの味の代表。

沖縄の家庭料理として親しまれているチャンプルーは野菜と豆腐を炒めた料理のこと。中国の炒腐児(チャオ・フ・アル)という料理に由来しているといった説や、インドネシア語やマレー語のチャンプールが語源だといった説があります。
ゴーヤーチャンプルーや、マーミナー(もやし)チャンプルーなど、炒める野菜によって、その呼び方が違ってきます。なかには豆腐を使っていないものもありますが、もともとタシヤーやイリチーと呼ばれていた炒めものがいつの頃からかチャンプルーと呼ばれるようになったといわれています。

メイン食材の数だけ名前があるバラエティに富んだチャンプルー

  • ゴーヤーチャンプルー

    ゴーヤーと豆腐、豚肉などを炒め、卵でとじた夏の大定番。県民の夏バテの救世主です。

  • フーチャンプルー

    卵液に浸した車麩を、野菜と炒めた人気メニュー。フーイリチーとも呼ばれています。

  • ソーミンチャンプルー

    素麺を茹で、ニラやツナなどと炒めた子どもにも人気の一品。ソーミンタシヤーとも呼ばれています。

このページが気に入ったら
いいね!してね

  • 沖縄の元気のひみつ
  • いってみたい!沖縄のローカル市場