2017年7月21日(金)〜23(日)の3日間、本部町(もとぶちょう)の美ら海水族館がある美ら海プラザ(海洋博公園)で、第2回「島いろマルシェ」が開催されました。

会場は美ら海プラザ内と野外の2ヵ所

外に立っているだけで汗をかいてしまうほどの真夏日でしたが、観光シーズンに突入したこともあり大勢の旅行客でにぎわっていました。今回は、出店した24店舗の中から3店舗を紹介します。

新鮮な旬の野菜や果物を今すぐお届け!「くがに市場」

甘い香りに誘われてつい立ち止まってしまったのは、「くがに市場」。南風原町にあるJAファーマーズマーケットです。常に品質の良い新しい旬の野菜や果物が数多く揃っています。「くがに」の名前の由来は、南風原町(はえばるちょう)にある黄金森(くがにもり)から名付けられました。

お土産に喜ばれそうな商品がずらりと並んでいます

「くがに市場」の一番のおすすめ商品は、甘く濃厚で、とろけるような完熟マンゴー。沖縄南部地区から(豊見城地域を除く)選び抜かれて、リーズナブルに手に入るので、お中元や沖縄土産としても喜ばれる商品です。そのほか2種類のパイナップルが人気で、やんばる(沖縄本島北部)産のボコールパインは甘くてジューシー!手でちぎって食べることができて、ユニークと評判です。もう一つは、石垣島産のハワイ種と呼ばれているパイナップルで、カットして食べる甘い香りの果汁で爽やかな味が特徴です。

南国らしい色鮮やかなフルーツは、香りも味も抜群!

店内はいつもにぎやかで、地元の方も多く訪れる場所です。海ぶどうやハブドリンク、ヒラミ8(沖縄県産シークワーサー果汁)など沖縄らしい特産品を中心に販売を行っています。

お客様の「おいしい!と言ってくれる声が一番うれしいです」

特にヒラミ8は、炭酸を入れるとシュワシュワと甘酸っぱくて、暑い夏にぴったりの飲み物です。珍しい野菜や果物を見かけたら手に取ってみてください。

くがに市場

住所/南風原町字津嘉山889-1
電話/098-889-3377
営業時間/9:00~19:00
休み/正月3日間、旧盆1日休み
公式HPをみる

やみつき! 沖縄スープカレー「あじとや」

沖縄県内3店舗(沖縄市、那覇市、北谷町)にお店を構える「あじとや」。沖縄では珍しい札幌発祥のスープカレー専門店です。県内のフードイベントにも多く参加した際は、行列ができるほどの人気店です。

ナンと相性が抜群の島豚ソーセージカレー

今回は、沖縄県産品を使った「島豚ソーセージカレー」とイベント時だけ食べられる「牛すじカレー」の2種類を販売。皮付きソーセージは、食べるとプチッと音が出て食べごたえがあり、大きめサイズで大満足! 沖縄県産の豚骨と鶏がら、野菜をじっくりと煮込んで作ったブイヨンと黒糖が混ざったカレーは甘さと辛さがバランス良く食欲をそそります。

大学風ノートパッケージのデザインもユニークです

琉球大学が開発した「琉大CL2号」というウコンと、「あじとや」がコラボレーションしたレトルトカレーは、イベントでも大人気の商品です。辛さは2種類から選べて甘口の「基礎課程」と、中辛〜辛口の「応用課程」があります。ウコンとスパイス、無添加の3つのこだわりですっきりとシャープな味が楽しめます。イベント初日はお昼時点で150皿売れていて、とても大反響でした。レトルトカレー商品はお店や空港、ウェブサイトでの購入ができます。

北海道出身の地主さんと山崎さん

店舗では、スープカレーとキーマカレーから選べます。黒糖をふんだんに使ったカレーを食べたくなったら、「あじとや」のカレーを食べてみてくださいね。

あじとや 北谷店

住所/沖縄県中頭郡北谷町北前1-17-9 仲座ビル1F
電話/098-911-1892
営業時間/(ランチ)11:00~15:00、(ディナー)18:00~21:00
休み/不定休
公式HPをみる

やんばるの木材でつくる木の食器「オサム工房」

島いろマルシェ初出店の「オサム工房」。沖縄本島北部に位置する大宜味村・喜如嘉(おおぎみそん・きじょか)の集落にひっそり佇む工房です。やんばる(沖縄本島北部)の木材を使った食器や小物を一から手作りし販売しています。

さまざまな形の木の器。料理映えしそうです

コップや皿などの食器がずらりと並んでいます。イベント当日は、実演販売も行っており、ブロック体の木があっという間にコマに変身。わずか3分足らずで仕上げる金城さんの技術はまさに職人技です。

職人歴30年のオーナー・金城修さん

時期によって変動はありますが、作品の種類は約20種類。コップは、形ができ上がって乾くのを待つまで完成に約1年かかるそう。時間をかけ、一つひとつ丁寧に作られた金城さんの作品は一つとして同じものはありません。温かみのある木の食器は、手に取る誰もがほっこりしてしまいます。

手入れが簡単なので自宅でも気軽に使えるのがうれしい

作品は「オサム工房」の他、県内のギャラリーでも購入できます。WEB販売をしていないので、県内でしか手に入れることができません。予約をすれば工房で体験ができるので、観光がてら大自然のやんばる(沖縄本島北部)に訪れてみてはいかがでしょうか?

オサム工房

住所/沖縄県大宜味村喜如嘉517
電話/090-9304-4736
時間/不定

その他島いろマルシェでおいしい出会い